FC2ブログ
エンブレムローザ
2/13  NFしがらき
「放牧先から帰ったきた翌日に運動をしようと思ったのですが、馬房の中で馬をチェックしたところ左前脚がボンと腫れていました。骨や腱などではなく傷口から菌が入ったことによる腫れだと思いますが、フレグモーネに近い状態になってしまいました。すぐに運動をさせることは難しい状況ですし、申し訳ございませんがいったん放牧へ出して、状態が落ち着き次第改めて入厩のタイミングを考えたいと思います」(橋口師)週末にNFしがらきへ放牧に出ました。

2/14  NFしがらき
軽めの調整を行っています。「一度トレセンに送り出したにもかかわらず、すぐに逆戻りという事態になってしまって大変申し訳ありません。皮膚の荒れがひどくなって腫れてしまったようで、幸い戻ってきたときにはほぼ治まっていました。こちらは坂路がポリトラック、コースがタペタを使っており、油が混じっている素材のため、軽い荒れが治りにくい場合があり、今回はそれが悪い方に向いてしまったようです。しっかりとケアをして、状態を見ながら再度進めていきたいと思います。馬体重は、1月30日の計測で433キロです」(NFしがらき担当者)


昨日のコメントが出てからずっとドキドキしていました。
フレグモーネなんて怖すぎますからね。
当分走れないんじゃないか、もしかしたら詰んでしまったかなとある種の覚悟もしました。

今日のコメントを見る限り、大事なさそうですし、二週間ぐらいで再入厩できるのでしょうか。
とりあえず安心はしたんですが、栗東でもう少し経過を見ることはできなかったんですかね。
すでに症状も落ち着いているようですし結局、行って戻ってきただけですよね。
移動は馬の負担にもなりますし、こういうことはしっかりしてほしいです。

あー、でも本当に良かったよ。
2012.02.15 Wed l エンブレムローザ l コメント (0) トラックバック (0) l top
エンブレムローザ
1/17 NFしがらき
周回コースでハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「この中間も周回コースを中心に、ハミ受けを注意しながらじっくりと乗り込んでいます。辛抱して進めてきてだいぶ常識にかかるようになってきましたし、ひどく行きたがるようなこともなくなってきました。この分なら少しずつペースを上げていっても大丈夫そうですよ。馬体重は426キロです」(NFしがらき担当者)

1/24 NFしがらき
周回コースでハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「先週に引き続き、周回コースを中心に長めの距離を乗っています。ハロン17秒ぐらいのペースなら行きたがることもありませんし、精神的には安定した状態で調教に取り組めていますよ。ハミ受けにも注意しつつ進めていますが、全身を使って走れているので問題なさそうです」(NFしがらき担当者)

1/31 NFしがらき
周回コースでハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「この中間、少し息遣いが荒くなっていたので念のため内視鏡検査を行いました。ノド鳴りではなく、軽い炎症を起こしているようでしたので、薬を投与して様子を見ています。寒い時期なので体調の低下につながらないようしっかりとケアをして、このまま進めていく予定です。走り自体は気になるところもなくなってきていますし、いい雰囲気を保っています」(NFしがらき担当者)

2/7 NFしがらき
周回コースでハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「ノドの状態は一時的に疲れが出ていたせいだったようで、今は気になりません。状態が上がってきたこともあって、今は馬場入りの際に立ち上がったりこの馬らしいヤンチャな行動を見せるようになっています。そうした仕草も走り出してしまえば問題なく、今朝も周回コースで馬の後ろにつけて走らせても我慢できていました。引き続き帰厩を視野に入れてしっかり体を動かしていきます」(NFしがらき担当者)

2/9 橋口厩舎
9日に栗東トレセンへ帰厩しました。


休養中はずっとハロン17秒ペースで乗られていたようですが、さて気性は少しはマシになっているんでしょうか。
馬体の成長とか他にも色々心配な面がありますが、厩舎での調教を見てみないと何とも言えないですね。
じっくり調整して春には二戦目に臨んでほしいかな。
今後のコメントに注目していきたいです。
2012.02.10 Fri l エンブレムローザ l コメント (0) トラックバック (0) l top
エンブレムローザ
12/7 橋口厩舎
7日は軽めの調整を行いました。「先週の競馬は返し馬から行きたがっていましたし、レースでもまだ鞍上とコミュニケーションがうまく取れなかった感じでした。乗り込み量は豊富で馬体は仕上がっていましたが、気性の難しさがあって万全の調整ができたわけではありません。ゲート練習も含めてトレセンで攻められたことでテンションも上がってきていましたし、まずは一度レースを経験させるということが第一でした。そういう意味では課題も分かってきましたし、ここで放牧に出してリフレッシュさせ、しっかりと鍛錬していきたいと思います」(橋口師)近日中にNFしがらきへ放牧に出る予定です。

12/8 NFしがらき
8日にNFしがらきへ放牧に出ました。

12/13 NFしがらき
軽めの調整を行っています。「こちらに移動してきてから改めて馬体を確認したところ、両前脚にソエが出かかっていることがわかりました。少し熱感もありますし、水冷などでしっかりケアしていきます。馬自体は落ち着いていますが、馬体がかなり寂しく見えますし、ストレスがかからないようにしっかりとリフレッシュさせてあげたいと思います」(NFしがらき担当者)

12/20 NFしがらき
軽めの調整を行っています。「両前脚のソエをケアするため、今朝ショックウェーブ治療を行いました。この中間はウォーキングマシン中心に軽めの調整を行ってきたので、移動後よりも10キロぐらいは馬体も増えました。馬自身は元気が有り余っているようですし、ソエの状態や馬体の戻りを確認しながら乗り出していきたいと思います」(NFしがらき担当者)

1/10 NFしがらき
周回コースでハロン18秒程度のキャンター調整を行っています。「ソエはショックウェーブ治療が効いたようでだいぶ治まってきています。周回コースで長めに乗っていますが、引っかかるというよりは口向きが悪く、ハミが利きづらいというイメージなので、引き続き周回コースを中心にしっかりコンタクトを取って走れるように心がけていきます」(NFしがらき担当者)


馬体の回復とソエの治療という一カ月だったようですが、少しづつ乗り出しているようですね。
気性の悪さなど課題も多い馬ですが、なんとか一勝を上げて、馬体の成長に期待したいと思います。
いい一年にしたいですね。
2012.01.15 Sun l エンブレムローザ l コメント (0) トラックバック (0) l top
エンブレムローザ
11/30  橋口厩舎
30日は栗東Eコースで追い切りました。「先週末はポリトラックで時計を出して、今日はゲートから通しでそのままダートコースで追い切っています。調教の動きや時計を見るとさすがに抜群に良いとは言えませんが、この馬の気性面を考えると調教であまりやり過ぎてもどうかとも思いますので、明日まで状態をしっかりと見て問題がないようならば、今週一度競馬を使ってみようと考えています。坂路で暴走するなど気性面を考えると当てにしづらいところがありますし、初めての競馬で追走に戸惑うかもしれません。ただし、それも経験を積んで改善していくほかないですし、まずは今後につながる内容を見せてほしいですね」(橋口師)12月3日の阪神競馬(2歳新馬・芝1400m)に小牧騎手で出走を予定しています。

12/1  橋口厩舎
3日の阪神競馬(2歳新馬・芝1400m)に小牧騎手で出走いたします。

12/3  橋口厩舎
3日の阪神競馬ではスタート直後に寄られて狭くなり後方から。道中は無理をせずにそのまま進め、直線で追い上げようとするも、目立った脚を見せられず10着。「ゲートは思ったよりおとなしかったのですが、出てから挟まれてしまったので、無理をせずに後方から進めました。返し馬もそうですが、まだ競馬を全然分かっていなくて、溜めたら行こうとする、追い出すとやめようとするという感じでした。いい走りはしているので、もう少し慣れが必要ですね」(小牧騎手)「スタート直後に狭くなってかわいそうな展開になってしまいましたね。ただ、返し馬や道中の様子を見ていても決して素直に走っているとは言えませんでしたし、まだまだこれからと言う内容でしたが、今日はまずは競馬を経験させるということがひとつの目的でした。馬体は400キロ台と決して大きな馬ではありませんが、ロサードも同じような馬体重でデビューして、その後に競馬を使いつつ体がしっかりしてきましたし、同じように使いつつ良くなってくれればいいですね。また、実戦を使ったことで少しずつでも気持ちがいい方に変わって来て欲しいですね」(橋口師)スタート直後に狭くなる不利を受けて流れに乗り切れなかったことはありますが、返し馬や道中の走りなどまだ粗削りな面が目立ちました。今後の馬体の成長はもちろんですが、この馬の場合は特に気性面で掴みにくいところが見られます。今後の予定については、競馬を使った後の心身への影響をしっかりと見極めながら決めていきます。

11/11/27
(日) 助手
栗東P・良 53.0 - 37.2 - 12.0 一杯に追う
11/11/30
(水) 助手
栗東E・良 110.5 95.8 82.1 68.1 53.6 40.5 14.5
セングレン(新)一杯の外0.1秒先行4F付0.8遅れ ゲート強め


当日は私も現地で観戦しました。
出走前から不安いっぱいの門出でしたが、レース自体もあまりいい内容ではなかったですね。
まだ全然レースになっていなかったですし、かなり前と差のあるゴールでした。
馬体重も当日発表で408kgという軽さ。調教で身体が絞られたのかな。

今後が不安でもありますが、まずは競馬を理解しなければいけないと思います。
次走が何時とかいうレベルではないようなので、しっかり調教を積んでほしい。
雰囲気はいいものを持っていると思うので期待しています。
2011.12.04 Sun l エンブレムローザ l コメント (0) トラックバック (0) l top
エンブレムローザ
11/9 橋口厩舎
9日はゲート練習を行いました。「相変わらず坂路に入れると暴走気味に走ってしまうので、坂路調教は一日おきと決めてあとは角馬場で調整しています。今朝は坂路からゲートに行きました。ある程度出して行くのは今朝が2回目ですが、ゲートから走れるEコースだと矯正馬具もいらないぐらいスムーズに走っていました。カーッとしがちなテンションはまだまだ不安が残りますが、ゲート練習自体はまずまず順調に行えていますし、まずは焦らずに試験合格を目指していきます」(橋口師)

11/16 橋口厩舎
16日は栗東Pコースで追い切りました。また併せてゲート練習を行いました。「特に坂路での調教になると暴走してしまうので、この中間は角馬場やゲート練習の他はポリトラックにも入れています。気性面は相変わらずのところがありますし、状態は良くも悪くも変わりありませんが、少しずつ進められていると言えるでしょう。今後の状態を見ながらゲート試験を受けるタイミングを図っていきたいと思います」(橋口師)

11/23 橋口厩舎
23日はゲート試験を受け、無事合格しました。「ここまで丹念にゲート練習を行ってきて、なんとか行けそうだということになったので、今朝試験を受けました。スタート後の走りなどはまだ改善の余地がありますが、寄りや駐立は無難にこなしてくれて、合格することができました。坂路に入れるとすべて時計になってしまうほどの行きっぷりで、ここまでの調教ですでに体はできていますし、週末馬場で追い切ってみて問題ないようなら、来週の競馬も考えたいと思っています」(橋口師)12月3日の阪神競馬(2歳新馬・芝1400m)を視野に入れています。

11/11/2
(水) 赤木
栗坂路・良 56.5 - 44.5 - 31.8 - 17.2 一杯追いバテ
11/11/4
(金) 赤木
栗坂路・良 55.0 - 41.7 - 29.3 - 15.7 馬なり余力
11/11/9
(水) 赤木
栗坂路・良 56.2 - 42.3 - 29.5 - 15.5 馬なり余力
11/11/13
(日) 赤木
栗東P・良 54.3 - 39.6 - 12.5 馬なり余力
11/11/16
(水) 赤木
栗東P・良 76.6 - 63.7 - 51.3 - 38.8 - 13.4 馬なり余力
11/11/16
(水) 赤木
栗東E・良 14.2 ゲートなり
11/11/18
(金) 赤木
栗東E・良 13.7 13.8 14.0 13.5 13.3 ゲートなり
11/11/23
(水) 助手
栗東E・良 106.5 93.5 81.3 69.1 55.7 42.4 15.5 ゲートなり


暴走するほどやんちゃなエンブレムローザ。
橋口先生も工夫しながら調教を進めていただいているようでどうにか無事にゲート試験に合格したみたいです。
実は23日以前にも18日にゲート試験を受けていましたが残念ながら不合格。二度目の挑戦でした。

これで一応レースに出られるようになったわけですが、さて競馬になるのかどうか。
こればっかりは見てみないと分からないですね。続報待ちです。
2011.11.30 Wed l エンブレムローザ l コメント (0) トラックバック (0) l top