上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
エンブレムローザ
2/13  NFしがらき
「放牧先から帰ったきた翌日に運動をしようと思ったのですが、馬房の中で馬をチェックしたところ左前脚がボンと腫れていました。骨や腱などではなく傷口から菌が入ったことによる腫れだと思いますが、フレグモーネに近い状態になってしまいました。すぐに運動をさせることは難しい状況ですし、申し訳ございませんがいったん放牧へ出して、状態が落ち着き次第改めて入厩のタイミングを考えたいと思います」(橋口師)週末にNFしがらきへ放牧に出ました。

2/14  NFしがらき
軽めの調整を行っています。「一度トレセンに送り出したにもかかわらず、すぐに逆戻りという事態になってしまって大変申し訳ありません。皮膚の荒れがひどくなって腫れてしまったようで、幸い戻ってきたときにはほぼ治まっていました。こちらは坂路がポリトラック、コースがタペタを使っており、油が混じっている素材のため、軽い荒れが治りにくい場合があり、今回はそれが悪い方に向いてしまったようです。しっかりとケアをして、状態を見ながら再度進めていきたいと思います。馬体重は、1月30日の計測で433キロです」(NFしがらき担当者)


昨日のコメントが出てからずっとドキドキしていました。
フレグモーネなんて怖すぎますからね。
当分走れないんじゃないか、もしかしたら詰んでしまったかなとある種の覚悟もしました。

今日のコメントを見る限り、大事なさそうですし、二週間ぐらいで再入厩できるのでしょうか。
とりあえず安心はしたんですが、栗東でもう少し経過を見ることはできなかったんですかね。
すでに症状も落ち着いているようですし結局、行って戻ってきただけですよね。
移動は馬の負担にもなりますし、こういうことはしっかりしてほしいです。

あー、でも本当に良かったよ。
スポンサーサイト
2012.02.15 Wed l エンブレムローザ l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。